ジェルネイル UVランプとLEDランプの違い

Facebookpage開設しました(^O^)
ブログの投稿が直ぐにFBに掲載されますので、よろしければいいね!☆ m( )m
>>簡単ネイルFacebookページ


ネイルサプリ シロノクリニック

ジェルネイル UVランプとLEDランプの違い

寒いですねぇ。

昨日は東京も雪がチラつきました。寒いわけです。。

今年こそダウンのコートを買おうと思っていたのですが。。

うっかりセールも終わりに近づき・・

選り好みしている間にもう春・・という去年のパターンを繰り返してしまいそうです。。

 

—————————————-

 

ジェルネイル用品を買う時。

迷う物のひとつが『ライト』ではないでしょうか。

 

ジェルネイルを固めるライトには、大きく分けて「UVランプ」と「LED」ランプがあります。

ネットにはイロイロ書いてあるし・・・けっこう悩みますよね。

どちらのライトも『ジェルが対応していないと固まらない』ので注意してくださいね。

※UVライト

2015-01-22-17-59-36_deco

 

 

 

※LEDライト

2015-01-22-17-58-56_deco

 

そして、今後主流になっていくのは「LEDライト」だと思うので、これから買うなら「LEDライト」をお勧めします。

しかし、バイオジェルやカルジェルなど、昔からある人気のジェルの中には「UVライト」でないとダメなパターンもあるので注意です。

 

UV対応ジェルを使用するときには、w(ワット)数が高ければ、硬化時間が早くなります。

サロンでは36wを使用しているところがほとんどです。

 

LED対応ジェルの場合は、ワット数が高ければ硬化時間が早くはなるのですが、

もともと硬化数十秒と、早いので、それよりも波長(nmナノメートル)で表記されています)を見ます。

その波長とジェルが対応していないと、硬化しないので覚えておいて損はありません。

メンドクサイと思った方は、当たり前ですがジェルメーカーが推奨しているライトを使用すれば、間違いない!と言えます。

 

詳しくはサイトでもとりあげましたので「ジェルネイルとは ③~ジェルを固めるライトについて~」

良かったらご覧くださいませ☆

 

 

<ブログランキング参加中!> にほんブログ村 美容ブログ セルフジェルネイルへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ