ジェルネイルのリスク

Facebookpage開設しました(^O^)
ブログの投稿が直ぐにFBに掲載されますので、よろしければいいね!☆ m( )m
>>簡単ネイルFacebookページ


ネイルサプリ シロノクリニック

ジェルネイルのリスク

今日お客様が「ネイルを若い子に褒められた」と、嬉しそうに報告してくれました♪

中には、「ネイルを見てても、あまり声をかけてくれないのよねぇ」と、

寂しそうにいう70代の女性もいます。

やっぱり皆、『自分のネイルを褒めてもらいたいんだなぁ』と思いました。

私、仕事柄もありますが、ネイルをしている方にすぐに声をかけちゃいます。

「かわいいですね☆」の一言で、すぐに仲良くなれます♪

せっかくネイルが好き女子が沢山いるのですから、お互いにいっぱい褒めあいませんか♪♪

だって、褒められたら嬉しいですもん☆

wpid-2015-01-20-01-39-09_deco.jpg

 

さて、本日のテーマは『ジェルネイルのリスク』

 

セルフネイルをする方は、自分の身で体験していくしかないですし、

サロンでネイルをされる方も、中々聞きにくいですよね。

そこで、私が思うリスクをあげてみます。参考になったら嬉しいです♪

 

『ジェルネイルのリスク』は大きく分けて3つあります。

①爪の病気になるリスク

②爪が弱くなる(薄くなる)リスク

③すぐに取れないリスク

これだけ見ると、ジェルネイルが怖くなってしまいそうですが。。

ちゃんとリスクを知って、正しい施術をすれば防げるものがほとんどなので、

リスクの原因と回避法をお伝えさせてもらいます。

 

①爪の病気になるリスク

爪の病気の代表格が「グリーンネイル」という症状です。

名前の通り、爪が緑になります。

ネットで検索すると沢山写真もでてきます。

オフの後、爪の表面が緑色に変わっている時のショックといったら・・・

他にも爪の病気はあります。今度サイトで取り上げようと思いますが、ネットで検索してみるといいと思います。

 

主な原因は2つ。

(原因1)

ジェルネイルが浮いてきたが、それを長い期間放置し、そこから菌が進入し、繁殖。

グリーンネイルになってしまった時は、グリーンの部分がなくなるまで伸ばすしかないです。

かっこ悪いからといって、上からジェルネイルをするのはよくありませんので、少しの期間ネイルは我慢です!

(回避法)

通常、ジェルネイルの付け替え期間は3~4週間。その期間に限らず浮いてきたら付け替えるのが一番良いと思います。

浮いてきたところを、上からマニュキュアやトップジェルでふさいでしまう方がいますが、それは絶対にやってはいけません!!

よけいに菌が繁殖しやすい環境を作ってしまうので、ダメ、絶対です!!

 

(原因2)

ジェルネイルを施術するときに、地爪や用具の除菌ができていない。

(回避法)

セルフネイルの方はプレパレーションが終わって、ベースジェルを塗る前に、必ず爪表面を消毒しましょう。

消毒液はドラッグストアで売っています。(消毒用エタノール エタノール76.9~81.4%含有というやつ)

用具も使用したら消毒して清潔を保つ努力を!

 

②爪が弱くなる(薄くなる)リスク

主な原因は『オフの仕方が雑』ということです。

回避法:浮いてきたところから、「ベリッ!」ってジェルを剥がしたらダメですよ。爪が薄くなる原因です。

削ったり、マシンを使ってオフる方は、地爪まで削ってないかちゃんと確認してください。

 

 

③すぐに取れないリスク

突然の不幸でお葬式に出席しなければ!という時。

ジェルネイルは、マニュキュアのようにすぐオフできないので困る時があります。

今は、お葬式用の手袋が売っているようなので、本当にどうしようもない時はそういうアイテムを使用するといいと思います。

又、一日だけ派手にできない・・という時。

よくやるのが、最初一色でシンプルに塗っておいて、行事が終わったあとにストーンだけ後付けする方法。

これはサロンでけっこうやります。

 

以上、『ジェルネイルのリスク』を書いてみましたが参考になったでしょうか。

正しいやり方や、ジェルネイルとの付き合い方を覚えてリスクを回避していきましょうね☆

<ブログランキング参加中!> にほんブログ村 美容ブログ セルフジェルネイルへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ