セルフジェルネイル ベースジェルの注意点

Facebookpage開設しました(^O^)
ブログの投稿が直ぐにFBに掲載されますので、よろしければいいね!☆ m( )m
>>簡単ネイルFacebookページ


ネイルサプリ シロノクリニック

セルフジェルネイル ベースジェルの注意点

前回のブログでは、

ベースジェルの縮みについて書きました。

 

今回は、そのほかの注意点をまとめてみます。

 

ジェルネイルの出来、仕上がり、モチは、ベースジェルで決まる!

と思っていますので、なんか上手くいかないなぁと言う時に参考にしていただけたら嬉しいです。

 

押さえるべき注意点は以下の3点

 

①プレパレーションはOKか

②はみ出していないか

③均一に塗れているか、厚さは良いか。

 

 

①プレパレーションはOKか。

もはやベースジェルの話じゃないじゃん。って感じですが(笑)

ベースジェルの前に地爪のチェックを怠り無く。

サンディングして、爪が逆立っていると、ベースジェルを塗った時に「ボコッ」ってなります。

その場合、スポンジファイルで極々軽く表面をならしてあげるといいですよ。

 

あと、地爪の油分はしっかりとふき取りましょう。

ドラッグストアで売っている消毒液で、爪表面をささっとふき取ると、衛生的ですし、不必要な水分・油分を除去できます。

 

※写真「市販の消毒液」

20150218_164901

 

②はみ出してないか

少しでも爪の周りの皮膚についたら、確実にそこから浮いてくると思ってください!

爪は伸びるので、塗った時はいいですが、伸びてきた時見た目もよくないですね。

 

③均一に塗れているか、厚さは良いか。

前回のブログで書いた内容です。

表面がボコボコだったり、厚さが薄すぎると「縮み」の原因になります。

爪が大きな人は、その分ジェルの量が増えます。

操作も難しくなるので、一本ずつライトで硬化するなど工夫してもいいと思います。

 

 

 

 

<ブログランキング参加中!> にほんブログ村 美容ブログ セルフジェルネイルへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ